整形について

二重まぶたにする方法として整形をするという方法もあります。

しかし、整形というのは今の日本ではあまり受け入れられていません。

その大きな理由として、友達や知り合いからバレてしまう事に恐れているからです。これはいつも一重だったのにいきなり印象が変わった事で『整形バレ』してしまうのです。日本人は残念ながら前向きな性格ではない人が多いので、こういった人に
対してイジメほどではないのですがからかいの対象として接してしまうのです。
例えば学校に通っている場合で、整形したとしましょう。直接、「整形した?」と言われないまま友達同士で噂をして本人にからかい対象として接してしまうのです。また直接言うのも気まずいという感覚があるのが現実です。

整形大国と呼ばれている韓国では、このような整形に関しては社会的に受け入れられています。
両親が高校の進学の祝いに整形代を払ってくれてる事もあるそうです。
このような全体的に社会的にも受け入れられている場合だと誰でも気軽に整形という手術を受け入れやすくなります。

いまの日本は整形をするとマイナスイメージが強いのが現実です。

まだ整形の中で埋没法と呼ばれるメスを使わない方法であれば、整形したというイメージはあまりつきませんが切開法というメスを使って二重まぶたにする方法に関しては完全に整形したという看板がついてしまいます。

芸能界では目の整形は当たり前なので、そこまで騒ぎにはなりませんが一般社会だとすぐ注目されてしまうのです。
もちろん騒ぎにならないのは芸能人同士で、芸能人の過去や時事ネタなどを取り扱うメディアは整形ネタは大好きなので格好の対象となります。過去の整形をしていない小学校や中学校などの卒業アルバムをどこからか手に入れて比較対象として掲載したりします。

だからこそ日本ではほとんどアイプチを使用して一時的に二重まぶたにするというのが一般的です。
もちろんアイプチを使用し続けるとまぶたに折り目がついて二重まぶたが定着する場合もあります。

でもアイプチに関しては二重まぶたにする方法というのはマイナスイメージになる事はなっていません。

だからこそ良いアイプチを使っていきたいものですよね。

コメントを残す