整形手術のドクター選びも重要なのは人間性

ここでは、アイプチ以外にも二重にする方法である整形での体験談に触れてみたいと思います。

今回はある女性からの体験談を頂いたので、そちらを紹介したいと思っています。

病院選びなどにも触れていて非常に参考になりますので是非とも読んでください。

私の一重瞼との闘い、実に10年にも及ぶものでした。

両親は比較的大きな目をしていたのにも関わらず、私だけはどう見ても腫れぼったい一重。
この悩みや苦しみはきっと身近な家族にはわからないだろうないつもそう思っていたので、誰にも打ち明けずに一人で悩みを抱え込んでいました。

始めはアイプチを使ってずっと二重を作っていたのですが、当時付き合っていた彼氏からアイプチしてる?って言われたのが手術をしようと思った大きなきっかけにもなりました。

そんなこんなで私が出来るなと思ったのは埋没法の手術。

二重にするには切開法と埋没法との主に二つの方法に分かれます。
埋没法の方が切開法に比べダウンタイムも短くて済み、もし気に入らなかったら元に戻せるというメリットもあった為、手術に対してはさほど抵抗はなく挑めました。
それと金額面でも埋没法の方が切開法の約半額程度の価格で受けられた為、現実的な決め手にもなりましたね。

当時はよく整形した方の体験ブログを片っ端から見ていました。
皆さん割と勇気のある人も多くて、惜しみなく画像を公開してくれていた事はとても参考になりました。
でも人の数だけ症例があって言い方は悪いかもしれませんが、切開法は術後抜糸までの期間が正直ホラー映画さながらの見た目で…それを受け入れられる勇気は私にはなかったし、やっぱり埋没法しか方法はない。そう思いながら情報収集をしていました。

そしてわたしは二つのクリニックにカウンセリングに行きました。

まずひとつ目はCMも流れていた大手のクリニック。
そこの先生は見た感じは年配で落ち着いた雰囲気だったんですが、仕上がりのラインの相談をしたらアーチ状の金具を瞼に当ててこのような感じ。と私からしたら実に大雑把に感じたんです。
実際は二ヶ所糸で留めるんだから、そんなきれいなアーチを描くようなラインになるのかなって疑問を抱いてしまって…留める糸の位置があっての仕上がりですよね?って聞いてもその仕上がりだと言われ、そのラインが実際の私の希望のラインとは少し違っていたので考えますといってそのクリニックを後にしました。
そして二院目。
こちらの先生は若くて茶髪。見た目は正直軽そうで任せられるかなと悪い先入観を持ってしまっていたんですが、この先生の見せ方はしっかりこことここを二点留めるからこんな仕上がりです。と術式に伴った仕上がりラインを見せてくれたので、安心できお任せする事に決めました。
こちらの細かい希望にも丁寧に答えてくださったので、とても信頼が出来ました。

そして手術は無事に成功しました。
その方は見た目は確かに不安を覚えるような雰囲気もあったのですが、腕は確かだったなと。
今でもとても感謝しています。

コメントを残す