アイプチでまぶたが腫れたりかぶれたりする原因は?

女性なら誰もが憧れる二重。

パッチリして可愛らしいイメージですよね。
とは言っても、二重は基本的に遺伝で決まってしまうもの。自分では中々変えられません。

そんな女性の味方が「アイプチ」。

でもこのアイプチ、選び方や使い方を間違えてしまうと、まぶたが腫れたりかぶれたりしてしまいます。
今回は、なぜ腫れたりかぶれたりしてしまうのか、見てみましょう。

そもそもアイプチとは?

アイプチとは固有の商品名で、本来は「二重のり」というアイテムになります。(この記事内では、アイプチと呼びます)
まぶたに糊状のものを塗り、スティックでまぶたを折り曲げる事で、まぶたが接着され二重になります。
手軽で、しかも安価で買える事から、ここ数年で一気に人気が爆発しました。
また、中にはアイプチを使い続ける事で、本当に二重になる人もわずかにいるようです。

アイプチで腫れたりかぶれたりする?

そんなアイプチ、もちろん身体に害の無い糊を使用しているのですが、こんなトラブルが起こる事が報告されています。

  • 痛みや違和感がある
  • かぶれる
  • 腫れる
  • 皮膚が伸びてしまう
  • ずれた二重の線が出来てしまう

特に最後の二つは恐ろしいですね…こうなると、美容整形でも元に戻すのは中々難しいようです。

なぜアイプチで腫れたりかぶれたりするの?

上でご紹介したトラブルの内、最後の二つはもう後戻りできない深刻なトラブルですが、「かぶれる」「腫れる」はアイプチを使う人全員に起こりうるトラブルであり、また事前に予防する事も可能です。

では、なぜ腫れたりかぶれたりするのでしょうか。その原因を見ていきましょう。

①まぶたが折り重なる事で血行が悪くなり、むくむ
これは腫れとは違うのですが、まぶたを無理やり二重にする事で血行が悪くなり、むくんでしまう人がいるようです。

②糊のアレルギー反応
糊には「ゴムラテックス」「アクリル系接着剤」「ポリ系接着剤」が主に使われています。
中でもアレルギーを起こしやすいのが、ゴムラテックス。ラテックスアレルギーという名前で聞いた事があるかもしれませんね。

③長時間の使用
本来アイプチは、出かける間の数時間の利用を想定しています。
それを超えて一日中など使ってしまうと、それだけ皮膚にも負担がかかり、腫れてしまう原因にもなります。

腫れた時の対処法は?

赤い、腫れているというだけであれば、すぐにアイプチを外し、冷やしてあげるのがベストです。
またそのアイプチはしばらく使用を控え、場合によっては別の接着成分を使用しているアイプチに替えるようにしてあげましょう。

もし皮膚の表面の様子が変わっていたり(固くなっている、ひび割れている)、じゅくじゅくと汁が出ていたり、冷やしても腫れが収まらないようであればすぐに病院に行きましょう。

いかがでしょうか?
手軽なアイプチですが、その一方でこんなトラブルが出る事もあります。
正しく使用し、万が一トラブルが出たら、無理せずすぐに対処するようにしましょう。

コメントを残す